めざせ繰り上げ返済

めざせ繰り上げ返済繰上げ返済とは、毎月返済している金額とは別に、まとまった金額の返済をすることです。
少しでも早くローンを終わらせたいと思うなら、繰り上げ返済も返済計画の中に組み込むことが重要です。
繰り上げ返済を行えば、返済期間を短縮できるだけでなく、毎月の返済額の負担を軽くしたり、利息の支払額が大幅を減らす効果もあります。

繰り上げ返済の仕組み

繰り上げ返済には「全額繰り上げ返済」と「一部繰り上げ返済」があります。全額繰り上げ返済とは完済ということですから、これはもうゴールです。ここでは一部繰り上げ返済について説明します。

繰り上げ返済の資金はすべて元金に充てられます。元金が減ることにより、支払う予定になっていた利息も減ります。ということは、利息の金額が変わるので、当初の返済計画で予定されていた返済額にも変更が生じることになります。では今後の返済額をどうするか、ここから選択肢が分かれることになります。

返済期間を短くしたい場合は「期間短縮型」を選びます。
これは、毎月の支払額は今までと同額のままにすることで元金の返済率が上がり、結果的に返済期間が短縮されるというものです。住宅ローンの大きな目標として「定年までには払い終える」というのがありますから、まずはこちらをオススメします。

しかし、そのときの家計の状況によっては毎月の返済額が減ったほうがありがたい場合もあるでしょうから、そのようなときは「返済額軽減型」を選びます。返済額軽減型は、住宅ローンの借り入れ期間を今のままにしておくことで、1ヶ月あたりの返済額が少なくなる仕組みです。
利息を減らす効果でいうと、期間短縮型のほうが大きくなります。

繰り上げ返済を実行する段階で、どちらを選択するか聞かれます。具体的にそれぞれ何年減って返済額はいくらになるのか、担当の窓口に聞けば計算してくれますので、聞いてから決めてもよいでしょう。

また、繰り上げ返済は早い時期に実行したほうが、利息の軽減や期間の短縮などの効果は高くなります。
「ある程度貯金してから」と考えるかもしれませんが、貯めるよりも繰り上げ返済したほうが金利の低い今の時代では得する金額が大きくなります。そのため、少しずつでもこまめに繰り上げ返済できるローンや金融機関を選ぶのもポイントになります。


繰り上げ返済の優先順位

複数の住宅ローンを利用している場合、どのローンから繰り上げ返済すればより効果が高いのでしょうか。基本的には、

1.金利の高いローン
2.借入額の多いローン

の順番に返済していきます。

しかし実際には、今は金利が低いが、それは短期固定金型や変動金利だったりするローンもあるでしょう。そのような場合は、金利に不安要素があるものから返済してリスクを減らし、ゆくゆくは一つのローンに絞れるようにしたほうが返済にゆとりが持てます。そうなれば、一つのローンに絞れた段階でまた返済計画を見直すこともできます。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35