シュミレーション1. 既婚 子供はなし

タイプ1
◎既婚 子供がいない家庭。


今後しばらく奥さんは働く予定がない場合。

このタイプの世帯は、今後大きな収入増が見込めないので、長期固定金利型ローンを組んで安定したライフプランを立てましょう。

この先もずっと夫と妻2人の生活が続く予定であれば、それほど大きな間取りの家は必要ないでしょう。
しかし将来子供がほしいと願う夫婦であれば、そのことも見込んだ設計の家を購入するでしょうから、借入金額もそれなりの額になるはずです。
収入増が期待できず出資が増えていくわけですから、返済プランも今の家賃をメドに、絶対に無理のないプランを立てましょう。


フラット35を利用、借入額3,000万円、金利2.950%(平成19年8月現在の最低金利)、元利均等払いで計算。


例1.返済期間35年、ボーナス併用なしの場合

毎月返済額 114,619円、 総返済額 48,140,012円
※団信保険料 総計1,754,000円(一例)が別途必要。

例2.返済期間35年、ボーナス併用(年2回10万円加算)の場合

毎月返済額 97,999円、 ボーナス時加算額 100,068円、総返済額 48,164,461円
※団信保険料 総計1,754,000円(一例)が別途必要。


☆ポイント1

頭金が1割以上用意できる人は、このシミュレーション通りのフラット35のみでも大丈夫ですが、頭金が1割以下の人は各金融機関が独自に用意しているフラット35との組み合わせローンを利用することになります。
組み合わせローンの場合、民間ローン部分は一般的には短期または中期固定金利になることが多いので、シミュレーション通りの返済プランにならなくなります。
無理な計画をしないためには、頭金を最低でも1割は用意しましょう。


☆ポイント2

定年を見据えて考えると、35年ローンを完済するのは何歳かということも重要です。
仮に30歳で家を買い、定年が60歳とすると、実質的には30年しかありません。
収入増が見込めないと繰り上げ返済も難しいので、初めからなるべく定年に近い年数でローンを組んでしまうことも考慮してみましょう。言い換えると、定年までの年数で返済できる金額で住宅ローンを組むことも考えましょう。



楽天モーゲージ
・フラット35は最低金利
・総支払額も安い 
詳細>>楽天モーゲージ 

【楽天の住宅ローンはここがすごい!】

すべての手続きがネットからでき、来店の必要がありません。また電話での対応は24時間OKです。
フラット35の金利が一番低く、そのため金利を含めた総支払額も安くなります。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35