年間支出額の把握

先ほどの可処分所得額の算出が終わりましたら、次に年間の支出額を分類します。

まず年間の総支出額は次のように計算します。


年間総支出額=可処分所得−年間貯蓄額


当たり前のことですが、貯蓄をしていない家庭は、収入分がすべて何らかの支出として消えているというわけです。

これらの年間の支出を大きく次の6つに分類します。


1.基本生活費・・・食費、光熱費など
2.住居費・・・家賃、住宅ローン、管理費、固定資産税など
3.教育費・・・学費、塾費など
4.保険料・・・生命保険、自動車保険など
5.その他の支出・・・旅行などレジャー関連、電化製品など
6.一時的な支出・・・冠婚葬祭、車購入など

これらを次の表などを参考に分類し、構成比をみるとよいでしょう。

通常このように年間の支出を分類すると、その他の支出が多くなるものです。
このその他の支出を見直すだけでも年間の支出額が改善されるケースがあります。

★年間支出表はこちらからダウンロードできます。
ご自由にお使いください。

>>年間支出表ダウンロード(別ウィンドゥが開きます)

・PDFファイルが開きますので、ファイル>名前を付けて保存、で保存が可能です。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35