土地購入と住宅建設がバラバラな場合

土地購入と住宅建設がバラバラな場合一般的に土地だけを取得する目的には住宅ローンは利用できません。
ただし、「住むための家を建てるために土地を購入する」という限定した目的であれば、一定の条件を満たせば、土地購入費と住宅建設費を合算して額でお金を借りることができます。ただし、手順が少し面倒なので、綿密な調査やスケジュール計画が必要になります。

フラット35の例を見てみましょう。

フラット35では、以下の要件にあてはまる場合、土地と住宅両方を対象に融資を行ってくれます。
ただし、資金の受け取りは住宅の竣工後になります。ですから、先に土地の代金を支払うためには、一旦自己資金で都合をつけるか、他のローンを短期的に利用することになります。

1.住宅の建設に付随して購入した土地であること 。
2.土地の取得時期が申込日の前々年度4月1日以降であること。(平成19年度に申し込む場合は平成17年4月1日以降取得の土地)
3.建物建設費に対するご融資と併せてお申込みすること。(土地購入資金のみは不可)


民間ローンなどでは、住宅ローンの目的が「本人居住用の土地および住宅の購入」となっているだけで、土地と建物がバラバラの場合の条件までは明確に記載されていないことがほとんどです。
別々に購入することを窓口に伝えてからローンの相談をしましょう。

土地と建物を別々に購入する場合は、手順が増え手数料なども増えることから、建売やマンション購入より自己資金の割合が高くないと厳しくなります。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35