住宅の維持費

住宅の維持費家は、買うときにお金がかかるだけでなく、買った後も終わることなくお金がかかります。
まず住宅を持つと、毎年固定資産税がかかります。固定資産税の額は、家が建っている土地の評価額に住宅の面積をかけた金額で決まります。標準的な大きさの家なら10万円から20万円くらいでしょう。

マンションの場合は管理費や修繕積立金の支払いが毎月あり、さらに駐車場代や駐輪場代もかかる場合があります。管理費はエレベーターの保守点検や清掃業務費など、修繕積立金はマンションの外壁や植え込みなどの補修・管理に使われます。
マンションにかかる諸経費を合計すると、月最低1万円は見込んでおいたほうがよいでしょう。最終的には、希望するマンションのカタログや施行業者に確認します。

マンションの場合、10年経過すると一度全体を見直し、20年が経過したあたりで大規模改修が計画されることが多いようです。
大規模改修が計画された場合、それまで積み立ててきた資金では足りないとなると、あらたに費用を徴収することもあるかもしれません。
金利の上昇を見込んで積立金の計画を立てていたが思ったように運用が上手くいかなかったり、中には住人に管理費や修繕積立金の未払いが発生するなど、入居後にトラブルになるケースもあり、予定外の負担が発生する可能性もあります。

一戸建ての場合、メンテナンスは持ち主の自由ですが、それでも10年経過すると壁紙や外壁、屋根など少なからず修繕が必要なところが出てきます。その分は覚悟しておかなくてはなりません。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35