フラット35の特徴

フラット35かつて住宅ローンの基準となっていた住宅金融公庫は、平成19年4月より住宅金融再生機構と名前を変え、民間の金融機関と提携した新しい住宅ローンを提供しています。
他の住宅ローンと比べてもメリットが多く、住宅ローンの選択肢の中でも最有力候補となっています。
フラット35の特徴を簡単に説明します。

最長35年間金利が変わらない。(長期固定金利)
金利がずっと変わらないので返済の計画が立てやすくなります。

公庫よりも金利が低く、条件が緩和されたので借りやすい。
民間ローンに比べてずっと低い金利で借りられ、年収などの条件が緩和されたので今まであきらめていた人も借りやすくなりました。

金額の上限が物件価格の90%、8,000万円と高く、誰でも条件が一律。
公庫の時代は上限が物件価格の80%、年収によっては50%までと厳しく、残りを民間ローンで賄うということもありましたが、フラット35では上限が大きく緩和されました。

保証料不要。繰り上げ返済の手数料も無料。
借入時の保証人、保証料が不要で、経費の節約になります。また、繰り上げ返済の手数料が無料なので、何度でも繰り上げ返済を行うことができます。(部分返済は1回100万円以上)

独自の基準の物件検査により住宅の質を確保。
物件検査を通過した物件のみに融資が行われます。

返済期間中のサポートが充実。
返済に困ったときの相談や返済計画の変更がいつでも無料で行えます。万が一のことがあった場合の保険の加入も可能です。


デメリットとしては、金利が決定するのが申し込み時点ではなく、実際に施行が始まり資金を受け取るときの金利が採用されるので、実際の金利が今の時点ではわからないということです。

また、商品化は各金融機関が独自で行っているため、金融機関ごとにそれぞれ金利や手数料などは異なっています。どこのフラット35を選択するかは総支払額で比較する必要があります。

【フラット35お勧め金融機関】

フラット35に関してのお勧め金融機関は楽天モーゲージです。
最低金利、手数料が安いので総支払額が少ない、手続きが簡単、と3拍子揃ったローンです。

詳細はこちらにまとめてあります。>>楽天モーゲージ

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35