住宅ローンの種類

住宅ローンの種類住宅ローンには、本当にいろいろな種類のものがあります。
一番の違いは、公的融資か民間融資かという違いです。

公的機関が提供するローンには、フラット35(※住宅金融再生機構と民間金融機関の提携ローン)、財形住宅融資、自治体融資などがあります。
フラット35は基本的に誰でも利用可能、財形住宅融資は財形貯蓄を利用している人を対象とした融資、自治体融資はその自治体の住民を対象としたものです。

一方、民間ローンには、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JA(農業協同組合)、ノンバンク(信販、クレジット会社など) が提供するローンがあります。
銀行とノンバンクは基本的に居住地に関わらず広く一般の人を対象に融資を行い、その他は地域に根付いた金融機関で一定の出資を行っている組合員であることが条件となる場合が多いです。

次に、目的よってローンの名称が変わります。
「住宅ローン」といえば、一般的には新築か中古に関わらず、新規に住宅を購入する場合を指すことが多いです。
今ある家を売って新しい家を買う場合は「買い替えローン」、リフォームを目的とするローンの場合は「リフォームローン」、土地と建物を別々に購入する場合には「土地取得先行ローン」という段階的に融資してくれるローンを利用することになります。

すでに契約しているローンの金利を抑える目的で別のローンにするのは「借り換えローン」、いくつかの金融機関から借りているローンを一つにする目的で借りるのは「おまとめローン」などと呼ばれます。
このほかに、親子2代に渡って借りるローン「親子リレー」、週末などに利用する住宅用のローン「セカンドハウスローン」など、より条件を広げた住宅ローンもあります。

その他、居住用の家と店舗が合体した家や、一部賃貸用に設計された住宅でも、本人が住むのであれば「住宅ローン」として融資してくれます。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35