金利について

金利について金利には、大きく分けて3つの種類があります。
・固定金利型
・一定期間固定金利型
・変動金利型

それぞれ特徴があり、その特徴を知って選ぶことがつまり、住宅ローンを選ぶとも言い換えられる重要なものです。


固定金利型

全返済期間を通じて一定の金利で固定されています。全期間金利が一定なので、最初に借り入れた後の返済額の変更などは一切ありません。長期に渡る返済の計画を立てやすいのがメリットです。長期固定だと金利が高いのが一般的です。

長期間低金利で代表的なのはフラット35ですが、民間独自の住宅ローンでも長期固定金利のものが登場してきました。
同じ長期間固定金利型でも、フラット35と民間ローンでは金利に差があります。これは、住宅ローンを利用できる人の条件や基準に差があるということであり、低金利のものほど条件が厳しいと考えたほうがよいでしょう。

一定期間固定金利型

返済期間のうち、当初数年間の金利が固定になります。銀行など民間の金融機関がこのタイプを数多く取り扱っています。

固定金利期間が終了する時点で、その後また数年間金利を固定するか、変動金利にするかを選択します。選択後の金利は、その時の金利が反映されます。現在盛んに銀行などでキャンペーンを行っているのは、この固定金利期間が終了した後の金利にも数%の優遇(マイナス)が適用されるというものです。

金利を固定する期間は1年から20年程度まで様々ありますが、もっとも多いのは3年から10年くらいのものです。固定期間が長いほど金利が高くなっていきます。

借入期間がそこまで長期にはならない場合(目安としては20年以内)や、数年先にはもう一度金利を見直したいという場合は一定期間固定金利型を選びぶのが良いでしょう。


変動金利型

金利を固定せず、元本にその時の金利を反映させて返済額を決定します。といっても毎月変わるわけではなく、一般的には半年に一回の見直しで毎月の返済額を決めていきます。急激な金利の変化で返済額が大きく変わらないよう、5年間は返済額を変えないという決まりがあります。つまり、金利が上がると返済額のうち利息分が増えるということになります。

市場の影響を受けやすく、金利が上がると元本が減らないデメリットがありますが、一般的に変動金利型が一番金利が低く設定されていますので、短期間の住宅ローンや金利の動向に敏感な人には向いています。

関連項目

新着情報
平成19年10月10日 日銀は金融政策決定会合を開き、当面の政策運営を討議。利上げの是非をめぐって議論します。

ブックマークに追加する

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップに追加 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録人が登録 このエントリーをnewsingへ追加

おすすめフラット35